タカラヅカ☆キラキラ人脈
~宝塚歌劇団 現役及び卒業生人脈~
スポンサーリンク

平成 名前 タカラヅカ☆キラキラ人脈(平成6年~10年)
6年 80 朝澄けい 歌手、舞台女優
6 80 彩吹真央 女優
6 80 あゆら華央 やまぐちあきこ[女優、歌手(女性デュオ・エクラタン)]
宝塚歌唱指導(「PUCK」「1789~バスティーユの恋人たち」「王家に捧ぐ歌」「Melodia~熱く美しき旋律」「るろうに剣心」等)
母は梓千代子(S42)
6 80 杏里ミチル 松本菜穂(舞台女優、ダンサー、ジャズダンス講師)
兄は松本ケージ(敬治)(ジャズダンサー)
6 80 霧矢大夢 女優。
月組男役トップ[相手主演娘役は蒼乃夕妃(H16)]
姉は井藤湊香(劇団四季)
6 80 久路あかり 女優。母は神路千鶴(S32)
6 80 千ほさち 森ほさち(女優)
6 80 すがた香 「原みつ子音楽教室」主宰、ボイストレーナー
6 80 珠希かほ 夫は尾上松緑(四代目)
※[関連系図]
6 80 奈月みか 内海典子(就職アドバイザー)
6 80 鳴海じゅん 歌手・舞台女優、ハウステンボス歌劇団特別出演、宝塚受験指導講師
6 80 飛翔 夕 従兄は松井五郎(作詞家)
6 80 風吹あゆ 羽田紋子(声楽家・ソプラノ歌手)。
父は羽田健太郎(ピアニスト、作・編曲家)、母は蘭ひでき(S45)
6 80 真竹すぐる 母は美笛みつる(S44)。母娘ともに大阪府立北野高校出身
6 80 美椰エリカ 宮本エリカ(女優)。母は青葉みつる(S41)
6 80 芽衣かれん 銘苅美世(北里大学病院救命救急医)。
祖父は銘刈健二[(医療法人財団)同潤会理事長、日本アイスホッケー連盟初代理事長]。
祖母の姉は粟山秀(もみやま・ひで/衆議院議員)
祖母の弟は粟山明(もみやま・あきら/衆議院議員)
医学書院/週刊医学界新聞(隣の医学生/銘苅美世)
6 80 百花沙里 母は和晃えりか(S36)
6 80 夢奈さや 司会(ブライダル等)
父は奥野信亮(衆議院議員)、祖父は奥野誠亮(法相・衆議院議員)
※[関連系図]
7 81 絵麗まりな 母は道成ゆた佳(S41)、妹は舞椰莉々(H15)
7 81 桜花れいや 潮田玲子(バレエ講師)
7 81 花央レミ アパレル会社PR
7 81 風美佳希 「プレシャスキャリア塾」講師、ウォーキングインストラクター
7 81 瀧川末子 ヨガセラピスト。
3代にわたるタカラジェンヌ。祖母は瀧川末子(T2)、母は滝川末子(S29)
7 81 舞風りら 女優
雪組主演娘役[相手男役トップは朝海ひかる(H3)]
7 81 松雪可奈子 母は石田治子(フィギュアスケートオリンピック日本代表)、
叔母はいしだあゆみ、石田ゆり(宝塚音楽学校卒・歌手/なかにし礼夫人)
7 81 真飛 聖 女優。「37歳で医者になった僕~研修医純情物語~」(2012年4~6月)で、連ドラ初出演。
花組男役トップ[相手主演娘役は蘭乃はな(H18)←桜乃彩音(H14)]
真飛聖 テレビドラマ相関図
7 81 毬奈みほ 姉は日比谷恵(H3)
7 81 光海晶帆 光海あきほ。大阪芸術大学舞台芸術学科講師、宝塚受験スクール講師、舞台女優
7 81 大和悠河 女優
宙組男役トップ[相手主演娘役は陽月華(H12)]
7 81 夢大輝 いとこは汐美真帆(H3)
7 81 美乃杏花 退団後、娘役の経験を活かしブライダル会社で衣裳係を担当。
裏方として「人を輝かせる喜び」を見出し、その後、妻・母となり、さらに、子供向けミュージカル教室講師。(「あさイチ|NHK」2014年5/19紹介)
8 82 彩風蘭 公文裕子(女優)
8 82 鮎奈さえ 和田有由。夫は西村卓朗(元Jリーガー)
8 82 叶千佳 女優。おばは旺なつき(S52)
8 82 研ルイス 優雅。シンガーソングライター、ハウステンボス歌劇団
8 82 紺野まひる 女優。2008年、中学時代の同級生・日本航空パイロットと結婚
紺野まひる テレビドラマ相関図
8 82 西條三恵 夫は花柳典幸(日本舞踊家)、祖父は西条凡児(漫談、TV司会者)、父は西条笑児・伯父は西条遊児(タレント、ラジオパーソナリティ)。
※[関連系図]
8 82 沢樹くるみ 劇団「弾丸MAMAER(ママー)」制作スタッフ、女優
8 82 涼乃かつき バレエ講師、ヨガインストラクター
8 82 涼紫央 父はコーナン商事(ホームセンター)社長・疋田耕造
8 82 壮一帆 女優。
雪組男役トップ[相手主演娘役は愛加あゆ(H17)]
8 82 橘梨矢 母は橘香久子(S34)
8 82 月船さらら 女優。演劇ユニット「metro」主宰。
2018年1~3月期・帯ドラマ劇場「越路吹雪物語」(テレビ朝日)に、宝塚音楽歌劇学校ダンス教師役で出演。
8 82 華宮あいり 宮里愛梨(バレエ講師)
8 82 斐貴きら 宮本真希(女優)
8 82 舞坂ゆき子 ドッグセラピスト、ドッグウェア制作・販売、女優、歌手(家族ユニット「ママ・エ・セフィーユ」)
父・坂本九(歌手)、母・柏木由紀子(女優)、姉・大島花子(シンガーソングライター)
8 82 毬乃ゆい 姉は悠なお輝(H3)
8 82 水城レナ 声優。妹は天翔ゆうり(H11)
8 82 嶺恵斗 KEITO(歌手)
8 82 未宙星沙 有永美奈子。退団後、劇団四季に5年間在籍
8 82 芽夢ちさと 女優、歌手
8 82 蘭寿とむ 女優、歌手。
TBS「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」(2016年4~6月)、ドラマに初レギュラー出演。
花組男役トップ[相手主演娘役は蘭乃はな(H18)]
8 82 遼河はるひ タレント、女優
9 83 愛音羽麗 女優。2014年8月、小田洋介(太鼓芸能集団 鼓童)と結婚。
9 83 天羽珠紀 スポーツアロマトレーナー
9 83 彩乃かなみ 女優、歌手。
「THE カラオケ★バトル」(テレビ東京 2014.6/4)“歌のお仕事代表 NO.1選手権”で、「宝塚」代表として出場、見事第2位に輝く。ちなみに優勝は、初代ライオンキング主役・坂元健児
月組主演娘役[相手男役トップは瀬奈じゅん(H4)]
9 83 湖泉きらら 藤蔭美湖(日本舞踊家)
9 83 琴まりえ 夫は今井啓介(広島カープ投手)
9 83 紫城るい 女優
宙組主演娘役[相手男役トップは貴城けい(H4)]
9 83 白河るり サプリメントアドバイザー
9 83 珠洲春希 大阪芸術大学短期大学部メディア・芸術学科ポピュラーダンスコース専任講師、舞台女優、シャンソン歌手
9 83 拓麻早希 ダンス講師、女優、生尾美作子(女性専用フィットネス「バタフライライフ」事業統括)
妹は瑠音舞佳(H13)
9 83 千咲毬愛 司会、ナレーター、MC
9 83 陽色萌 中澤八香(ヨガインストラクター、バレエ講師)
9 83 宝珠小夏 下薗利依(トリマー、「青山ケンネル」専務)。母・下薗惠子は青山ケンネル代表取締役、父・下薗龍二は初代シモゾノ学園理事長、母方祖父・吉澤銀三は青山ケンネル創業者。
9 83 宝生ルミ 母は牧里いづみ(S40)
9 83 牧勢海 女優、ダンス講師
9 83 真汐薪 水戸部優子(ヘッドハンター)
9 83 水月舞 女優、温泉ソムリエ
9 83 悠未ひろ 女優。2015年、ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」、大蛇丸(おろちまる)役で出演。2016年夏、再演。
10 84 麻吹由衣加 比嘉里衣子。加圧スタジオ&トータルビューティサロン経営
10 84 潮和歌 富張由香。退団後、早大第二文学部を卒業。公益財団法人日本生産性本部勤務
10 84 音月桂 女優。
2018年1~3月期・帯ドラマ劇場「越路吹雪物語」(テレビ朝日)に、宝塚歌劇団トップスター役で出演。
雪組男役トップ[相手主演娘役は舞羽美海(H19)]
10 84 花城アリア 歌手
10 84 汐夏ゆりさ ピラティスインストラクター
10 84 白羽ゆり 女優
雪組主演娘役[相手男役トップは水夏希(H5)]←星組主演娘役[相手男役トップは湖月わたる(H1)]
白羽ゆり テレビドラマ相関図
10 84 瀬央みつき 建守良子(舞台女優)
10 84 仙堂花歩 女優(吉本新喜劇)、アクトレスK主宰
母は才玉蓮(S45)、夫はオパヤン(放送作家)
10 84 高遠梓 東京へぎそば「匠」若女将、代表取締役。都内に4店舗ある家業の老舗を継ぐ。
10 84 高宮千夏 柏原真智子。母は高宮沙千(S40)、妹は高宮里菜(H11)
伯母は十和三千代(S36)・美保川千里(S37)
10 84 千琴ひめか はいだしょうこ(タレント、歌手)。NHK「おかあさんといっしょ」第19代“うたのおねえさん”。
父・拝田正機は国立音楽大学ピアノ科准教授を経て、ミュージカルアカデミードリーム学院長。母・拝田由見子は声楽家
10 84 遠野あすか 女優
星組主演娘役[相手男役トップは安蘭けい(H3)]
10 84 隼颯希 シアターダンスハヤブサ主宰
10 84 北翔海莉 星組男役トップ[相手主演娘役は妃海風(H21)]
10 84 真木薫 ヨガインストラクター
10 84 未涼亜希 2014年、英国を拠点とし、「yumiUK」ブランドを設立。
母は南条美穂(S36)
10 84 芽映はるか クラシックバレエ講師、ストレスケアカウンセラー、大阪芸大舞台芸術学科専任講師。
母・龍悦代(S41)は大阪芸術大学教授
10 84 雪菜つぐみ 泉リサ(ハウステンボス歌劇学院バレエ講師)。ハウステンボス歌劇団娘役トップスターを経て、2016年より専属の演出・振付家。
祖母は千里ゆり(S13)、叔母はマリア・バティスタ(S40)。
父はマリア・バティスタの弟、母は宝塚市でバレエスタジオ主宰



カスタム検索

スポンサーリンク

近現代日本が誇る芸能宝塚歌劇
1914年(大正3年)4月1日、
第1回公演以来、 タカラヅカは、
2014年(平成26年)百周年

小林一三翁の教え、
「清く、正しく、美しく」
をモットーに、
男役と娘役(女役)に分かれた
タカラジェンヌ演ずる、
絢爛華麗、百花繚乱、
躍動感あふれる夢舞台!

そして、華麗なるタカラヅカ人脈

スポンサーリンク



タカラヅカ☆キラキラ人脈
2009~17年 (p.20)
2004~08年 (p.19)
1999~03年 (p.18)
1994~98年 (p.17)
1989~93年 (p.16)
1986~88年 (p.15)
1981~85年 (p.14)
1976~80年 (p.13)
1971~75年 (p.12)
1966~70年 (p.11)
1961~65年 (p.10)
1956~60年 (p.9)
1951~55年 (p.8)
1946~50年 (p.7)
1941~45年 (p.6)
1936~40年 (p.5)
1931~35年 (p.4)
1926~30年 (p.3)
1922~26年 (p.2)
1913~21年 (p.1)
参考文献





タカラヅカ☆キラキラ人脈



●参考文献
宝塚歌劇100年史「虹の橋 渡りつづけて」人物編」阪急コミュニケーションズ

●参考サイト